« 週末 大雨だった・・・ | トップページ | 13日の続き・・・・ »

2011年6月14日 (火)

真剣にかんがえるとき

世界的ベストセラー作家が先日、スペインでスピーチしたが
あまり大きく報道されることはなかった。
まるでタバコの煙のように・・・・じわじわと消えていくかのように。
本当は世界的ベストセラー、しかも日本人が世界に向けてメッセージを
流しているのに、日本のメディアも、あるいは国民もあまり大きく
取り上げることはないので少し落胆した。
もちろん、賛否はあるにしても、結局は臭いところにフタをしているだけで、
臭いものは臭い、綺麗モノはきれいという事実は隠せない。
ただ、権力とか政治や巨大企業力で なんとなく、波風たたさづに権力者が
その場しのぎをしているだけであって、実際は臭いものはドンドン蓋の
下、桶の中で臭くなっているだけである。
そのしっぺ返しは弱者である私たちのような一般国民に返ってくる。
責任者なんて存在しない不思議な世界が平然と進行している恐ろしさを
もっと知るべきである。
政治がなんとかするとか、政府が責任を・・・国民のために・・・って言ってますが、
結局は私たちのお金と人生がかかっているので、政府が面倒をみると
いうのはマヤカシにすぎないのです。
責任を取る政治家を育てるのは国民のチカラしかありません。
今は政治家ではなく政治ごっこです。政治屋にもなりません。

基本的に「原発は反対です」 ただ、その前に私たちの生活の価値観を
かえないと いくら 反対と言ってもそれは 通用しないのではないかと
感じ始めました。
なぜなら、こんなにたくさん自販機はある国、コンビニの数と24時間の必要性?
テレビのセットが豪華で電力消費がすごい、高速道路の街灯の
異常な明るさなどなど・・・・こんな現象は
ヨーロッパやオーストラリアではみられない光景です。
そんな生活スタイルを変えてからではないと いくら原発反対と言っても
受け入れている以上は矛盾があるかと。

効率性、生産性、大量生産、大量消費、株主優先の価値観をかえなければ
この議論はまだまだつづくし、かわらないかもしれませんね。

よい日本にしたいと真剣に考えてます。
海外に行くたびに、日本のよいところ悪いところ、世界の良いところ
悪いところが手に取るように見えます。

みなさんが使っているインターネットのチカラやfacebookで
もっと良い国が作れることを願います。
イスラエルやエジプトなど、facebookで政治が変わりましたからね。


参考までに
村上春樹さんの スピーチの 原文です。
ここら辺をクリックしてください。

Afh0002

|

« 週末 大雨だった・・・ | トップページ | 13日の続き・・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真剣にかんがえるとき:

« 週末 大雨だった・・・ | トップページ | 13日の続き・・・・ »