« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/30

あるあるまだある

テレビのあるある問題がまだあるあるです。
個人的にメディアやテレビの話題もこのブログに書いてますが、
テレビ局(製作サイド)のねつ造が一番悪いことを前提に書きます。
だいたいがテレビをすぐに信じる視聴者も悪い。
○○が流行ると言えばすぐにその商品が売り切れる。
これ自体が異常。視聴者全員がまるで信者のように信じ込み
購買に走る光景は変で、社会がゆがんでいる。
次にスポンサーさんは番組の内容を知ってスポンサーなのか?
単なる視聴率がいいからスポンサーなのか?
スポンサーにも責任があるのでは?
民放テレビはスポンサーがいるからお金があり番組が製作できる。
この関係も問われる時代(CSRです)。
CSRってこれだけ言われるのになんで大企業は何もアクションをおこさない
のかな?
また、テレビ番組なんかで情報を信じて食べ物を選択する人たちなどを
フードファディズム food faddism  といます。
よく考えればその情報が正しいか、間違いかわかるのに。
ほとんどの人が疑問に思わないで信じているし、それが流行になる。
だから納豆が売り切れるんです。
ココアや寒天など過去にありましたよね。
もうひとつわからないのは、
グルメ番組で お肉、魚、高級食材が出れば必ず出る台詞は
『いやー油がのってますね~。このとろけるような・・・』
これらはすべて体に悪いのにどうしてこのあたりは指摘されないのか?
片方では太る芸人やリッチな俳優が出てグルメを食べる。
片側では痩せるダイエット番組が放送される。これまたどちらも視聴率がいい。
 コラム#1でも書きましたが結局は消費者や視聴者が賢くならないと
同じことの繰り返しです。
 政治も同じ・・・・投票者しだいで政治は変わる(まづはそれが第1歩)
一時、『自己責任』て言葉が独り歩きしてたけど、この件は連帯責任かな?
便乗した企業や視聴者にも多少なりとも責任がある。
これからは自己責任と連帯責任を明確にしなければならないかもね。
あ~世の中がますます複雑になっていく。

| | コメント (0)

ランチ

2/1~2/6までのランチ

Choice the オムライス

バターチキンライスのオムライス

選べるソース
①さわやかトマトソース
            or
②濃厚ホワイトソース

野菜のマカロニの豆マリネ和え
(カリカリベーコンビッツがポイントです)
オニオンスープ
日替りデザート


Bomu0201_1













 明日31日(水)はお休みです。

     3月20日までは毎週水曜日が定休日
     なります。ご了承ください。
     3月20日以降は通常通りのほぼ無休です。

| | コメント (0)

2007/01/28

新しい知事

新しい知事が宮崎県で誕生しました。正直、私もどうなんかな?って
思っいながら新聞や雑誌、テレビ、本人のコメントを聞いていると
やっぱり立派だなって思いました。
後は実行してくれるかどうかが大切で結果ですよね。
なんの世界も結果が問われる時代だし。
それにしても県会議員の方々ってなんであんなに偉そうなんだろう?
そんなに偉いのかな?あんなに偉そうなのに前知事が逮捕されるん
だから言える立場でもないし・・・政治はわかりませんね。
また、偉そうに『素人に何ができる!』って知事さんに言ってたけど
あなたも始めは素人じゃなかったの?って言いたくなる。
だれでも始めは素人。オギャーと生まれてプロだった人は一人もいません。
私もカフェを始めるときは結構回りから同じこと言われました。
大切なのは中味で、情熱や熱意、誠意、真剣さとか、
何をしてきたかであって、
長くしてるから偉いとか知ってるとかはイコールしないのに。
あんな偉そうな人に限って中味ないんだよね。
例えが変だけどブッシュもそう。
あんなにも兵士が死んで、民間人が死んでもまだ戦争し、増員だって。
それと先日の朝までテレビ見てたけど、偉い方々が日本について語って、
失業率がどうのこうのって言ってたけど、あの方々は一般庶民の気持ちが
これっぽちも理解していないと痛感。
そんな人たちが一般庶民のこと考えれるわけがない。
普通、われわれがどんな生活を毎日してるかわかんないと思う。
感覚が麻痺してるんだよね。
政府の雇用対策委員会なんかも年収何千万円の人ばかりで
対策考えても説得力ないし、弱者の気持ちなんかわからんよ。
まともな失業者を半数以上委員にして検討でもするようになれば少しはいいし、
改善されるんだけどなぁ。
そのまんま東さん、失礼、東国原英夫知事 がんばってください。
周りの変なおつむが硬い人には負けないでくださいね。
お笑いタレントって馬鹿にする人いるけど、同じこと繰り返して
不祥事したり、選挙の時だけ腰が低い議員さんの方がよっぽど変だと思います。

| | コメント (0)

2007/01/26

キャラメルパイ

限定デザート

ぎっしりナッツのキャラメルパイ

サクサクパイにたっぷりのナッツを閉じ込めました。
ゆっくり丁寧に作ったキャラメルはほんのり
香る愛媛産みかんの
手作りジャムが隠し味です。

これは(も)おいしいです。
推薦者 ナテュレオーナー

Natu

| | コメント (0)

2007/01/25

ランチ お知らせ

今日からNEWランチです。
今週から木曜日がnewランチの日になります。
このランチは2月27日までです。

和 カ レ ー ラ ン チ
ナテュレ特製味噌仕立てカレー

冬野菜カレー
目玉焼き付き
くずし豆腐サラダ
古代米入りごはん
自家製日替りデザート
Wacur

| | コメント (3)

2007/01/24

コラム #1

『不都合な真実』シリーズを書いていくと昨日書きました。
今回は缶コーヒーでしたが、今日は緊急テーマです。
ペコちゃんの会社が次々と『不都合な真実』を公表している中で
次々と大手企業が『不都合な真実』を発表してます。
連鎖反応でしょうか?
賞味期限や消費期限切れの商品販売で
  スターバックス
  ローソン
  ディズニーランド
  茨城のファミレス
  京都のおたべ
  ベッカーズ
  あるあるテレビ局(うその情報)
などが名をあげはじめました。(まだ他にもあると思いますが)。
専門家の方のコメントには 
『各社は不二家問題と公表の関連を否定するが、食の安全にかかわる専門家からは
「みんな一緒なら怖くない、今なら目立たないということで発表しているようにみえる」
との声も上がっている。』

大企業や政治家、政府、大物になればなるほど『不都合な真実』が
あるんでしょうね。
小さくてコツコツやっている人や、一生懸命働いて汗を流している人や
企業にこそ光が当たってほしいものです。
そこんとこを消費者も考えて物を買ったり選んだりする時代になって
もらいたいものです。
 また、各新聞社の社説はこぞって
『食の安全』『食の基本法』などを取り上げてます。
ナテュレのブログにもたびたび食の問題は取り上げてますが、
一番の解決策は消費者が賢くなり、企業に踊らせられない強い意志
と食に対する意識改革です。ブランド志向や価格重視(安いから・・・)
など、どこかで歯車が狂ってきていることに気がつきましょう。
消費者が変われば企業が変わります。

| | コメント (0)

2007/01/23

徹底的に

しつこいくらい書きますが、今年は自分の中の、
あるいはお客様や家族のためになる、この世の中の
『不都合な真実』を考えていくことをテーマにします。
私はゴア元大統領候補のように偉くないですが、
身近な不都合な真実をあばき、その知識をみなさまと共有
できればと思います。
お付き合いお願いします。
身近なテーマからいきます。
テーマ 缶コーヒーの 『不都合な真実』 ・・・ つづく

| | コメント (1)

2007/01/20

花束 Flowers

今日は常連のお客さん(男性の方)が大きな花束を持って
お店に入ってきました。
ん?と思った我々スタッフ。
その花束は今日、退社するスタッフのための花でした。
本人はもちろん他のスタッフも感激でした(一人は鼻血がでるっていうくらい)感動で。
てな訳で私たちが用意した花束よりも大きい花束でした。(^o^;;;;;
なかなか男性が花を渡すのは粋なもんですね。
それと、人生で花束をもらえる数ってそうしょっちゅうあるもんではないよね。
ご苦労様でした&ありがとう。 (花束のお兄さんたちもありがとう!)
Toro

| | コメント (0)

限定デザート

スタッフからのお知らせ 

今週の数量限定スゥイーツは
ナテュレ自慢のコーヒー豆と、一枚一枚手焼きのワッフルが出会った
『Cafe ワッフル』です♪
濃厚なバニラアイスとキャラメルソースを
贅沢に絡めてお召し上がりください!!
どこか懐かしい味に、ほっと一息ついてください(^∀^)
Cwa

| | コメント (0)

2007/01/19

食の行事

まとめておきたかったので、ここでメモがわりで、
食の歳時記を
1月7日 七日正月      【七草がゆ】
1月11日 鏡開き      【お汁粉】
1月13-15日 小正月 【小豆がゆ】 穀物を中心に粥をたべていいた。
2月 節分               【恵方巻】
3月3日 ひな祭り       【五目チラシとハマグリのすまし汁】
3月春分の日 お彼岸 【ぼたもち】
4月                        【お花見膳】
5月5日 端午の節句・こどもの日 【ちまきとかしわもち】

でした。

| | コメント (0)

白身魚

ナテュレにはエココロとかクーネルソトコトとか
かわいい系のエコ雑誌を置いてます。
その雑誌にも紹介されたりしてますが、
白身魚のフライ(たいていの日本人は食べた事がある魚)
ナイルバーチって名前の魚だって知ってました?
日本人には大変なじみ深い魚なんですが、
その魚にまつわる映画も上映されています。
『ダーウィンの悪魔』ってちょっと怖いタイトルですが。
私自身の人生のテーマでもあるんですが、あまりにも
知らなさ過ぎる事が多くて、知って(学んで勉強)ビックリすることって
たくさんあります。
あえて内容は書きませんが、このあたりの映画もぜひ見てほしいです。
でも、こんな映画は松山にはなかなかこないんですよね。
不都合の真実も・・・
ダーウィンの悪魔の公式ブログです

お知らせ

今度、友人たちがこの映画の自主上映をします。
ナテュレでも前売り券を販売してます。
世の中には色々なことがあります。
賛否も良い悪いも、右も左も上も下も、白も黒も
いずれにしてもどちらも知ってみて考えて判断することが
大切です。 (前のブログにも書きましたが2006/9/15ブログ)
ただそれだけでも大切でも、今の私たちはあまりにも片側しか
見てない気がします。
6kas



http://ameblo.jp/rokkasho/
開催日時   ● 平成19年2月25日 (日)
上映時間   ● 10:00~ 13:00~ 15:30~(22:00~希望があれば、、)
                 鎌仲ひとみ監督を囲んで20:00~、、
会  場     ● 松山ユースホステル2Fホール
懇 親 会 ● 2,000円 18:00~ (鍋でもつつきながら話しましょう!要予約)

| | コメント (2)

2007/01/17

今週のランチ 1/23まで

ヘルシーカツ丼~古代米ごはん~

ヘルシーの秘密
高野豆腐を豚肉で巻いたヘルシーでジューシーなカツなんです。
カロリーもかなり低く、ダイエット中の方にもOK
ナテュレの隠れた人気メニューなんです

ほうれん草のゴマ胡桃和え
日替りみそ汁
自家製日替りデザート

Kats















昨日の新聞に
『暖冬でスクスク 春野菜』←見出し
本文の一部に
「色鮮やかな春野菜を使った料理が食卓を飾る
機会が増えそうだ。」
「春野菜は消費者の関心は例年になく高い・・・。」
といかにも楽しく、良い意味で書いてますが
これは暖冬(異常気象)です。
異常なんです。そこをもっと訴えかけないと、
春野菜が早く採れたからと言ってのんきな事を言ってる場合では
ないし、新聞記者さんものん気だなぁ。
違うページには環境破壊とか温暖化、科学者達からの警告
とか言う記事があるというのに。

いじょう-きしょう ―じやう―しやう 【異常気象】

過去30年以上にわたって観測されなかったほど、まれな気象現象。また、一般的に平年より著しく異なった気象現象や、建造物や農作物に壊滅的な被害をもたらした気象現象をもいう。

過去30年以上・・・が最近は毎年観測されてるんです。
まさにグローバルワーニング

| | コメント (2)

2007/01/15

食育

Hon















今日、友人から本が届きました。
『崩食と放食』という本です。
(崩食と放食 NHK日本人の食生活調査から)
友人がこの本の出版に携わっており、ありがたいことに
送っていただけました。
食育にかかわる人には読んでほしいし、そうでない人にも読んでほしい。
一気に読んでしまいそう(まだ半分ですが・・・)。
内容とは少し違いますが、最近のグルメ番組なんかも
崩食ですね。
有名芸能人なんかが数万円もする食材を当たり前のように食べ、
何万円もするフカヒレチャーハンだの、○○牛だの、
カニ料理だの、キャビアだの、フォアグラだ、トリュフだと
気が狂ったとしか言いようがない番組構成が多すぎます。
(私は途中でチャンネル変えますが。)
ブラウン管の前(古っ)、テレビのあっちとこっちでは世界が正反対なんですよね。
コンビニ弁当食べながら、数万円もするグルメ番組をみている国民も
絶対おかしいですし、スポンサーも少し考えないと、ただでさえ
マグロが取れなくなってるとか、カニも乱獲で密業なども増えてとか、
年々食材の不足で世界が大変なことになってるのに、
方やテレビや雑誌では相変わらず食べ放題番組だの、
高級食材が・・・。って
数字取り(視聴率)のためだけに製作しているとしか言いようがないです。
メディアのあり方は各方面で問題がでてきてますが、解決の糸口は無いのでしょうか?
そんな心配をしています。
食育が問われる現代ですが、一方では無茶苦茶な食の崩壊です。
本当は少子化、核家族化になった現代は漬物の美味しい作り方とか、
味噌の作り方とか、野菜の話とかをまじめに語り、番組を作らないと
いけなにのに・・・。有名大学出たプロデューサーさん達 しっかりしてね。
    ちなみにお野菜の話はこのブログをご参考に
         (えひめ野菜果物研究室)

そんな訳ですが、こうして本を贈ってくれる友人に感謝。
私には地位も名誉も財産もございませんが、こんな友人が
全国、全世界のあちこちにいる事がなによりも宝でございます。
ありがとうございました。

p.s.
ちょうど今から1年前に私が専門学校で講演をした時、
学生さんたちに CSR という話をしました。
『これからはCSRを真剣に考える企業が重要です』
その時はみんな?????でしたし、まだあまり表に出てませんでしたが、
それが、今日の日経新聞に CSR についての
広告が大きく出てました。(よかった)
今はペコちゃんの会社とか、グルメ番組をつくるテレビ局も
CSR をもっと真剣に考えなければなりませんよね。

CSR とは・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2007/01/13

エアコン温度

ナテュレの店内温度はどちらかと言うとやや低め設定かもしれません。
低めと言っても世間が高すぎるんですが。
外と内の温度差を高くしないように気をつけています。
それにはいくつか理由があります。
温暖化防止
人にも優しい
経済的効果
などですが、数年前にニューヨークに言ったときのことです。
すごく寒い冬で、気温は0度かマイナス2度くらいでした。
デパートやビルに入ってもあまり温かさを感じることができず
『なんだ、NYはどこもエアコンが入ってないのかな?』
『故障なのかな?』と思いました。
しかし、買い物が終わって外に出るとなんとも心地よいのです。
もちろん寒いのですが、そんなに寒さは感じなく、カラダが快調な
気分でした。
色々と聞いてみると、NYはどこもエアコンの温度設定が高くなく
外と内の差をうまく調整しているとのことでした。
仮に高めの設定で適度な温度のところは映画でも見るように毛皮を脱げば
ドレス一枚でもいい環境です。
じつに合理的で人にもいいなぁと関心しました。
(その割にはアメリカは京都議定書には理解を示さないんですが・・・)
日本の場合、東京などの都会などは人も多いし、デパートなどに入ると
真冬でも汗だくになります。温度設定も高く、外と店内の温度差があるので
忙しいときや急いでいるときは汗だくになり、体調も変になり
逆に風邪を引きやすくなります。
 まあ、そんな事で室内温度が低いのも小さなエコ運動です。
どうぞご理解ください。
間違いなくカラダと地球にはいいですので。
どうしても寒い場合は遠慮なくおっしゃってくださいね。
携帯の暖房機をお出しします。
Mainau6

| | コメント (2)

2007/01/12

An Inconvenient Truth

An Inconvenient Truth=不都合な真実
このブログで昨年から書き続けてますが、
まもなく『不都合な真実』という映画が上映されます。
映画を普段観ないない人も観る是非観てください。
映画館で集中してみてください。
convenient=便利
コンビニとか我々の生活は恵まれ便利になりなんでも手に入る
時代です。
しかし、実は地球環境は完全にinconvenient=不便
になってるんです。
大変なことが起こっているんですが大抵の人は無関心です。
自分の家や会社が壊れていたら目の色変えて修理したり
改善したりしますよね。
病気になっても薬飲んだり医者に行ったりしますよね。
今、地球はそんな状況なんです。大変なんです。本当に。
ブッシュみたいな人が大統領になるんだから。
アルバート・アーノルド・ゴアJrがブッシュと戦ったときに
ゴアのような人が大統領にならなければとテレビを見ながら
一人で興奮していました。
戦争で温暖化は止められない。軍隊でも自衛隊でも核を使っても
温暖化は止められない。
防衛庁が防衛省になっても無意味。
国会の先生たち、食事代を経費にするようなせこい考えはやめてね。
お金あるんだから。もっと大切なものはなんなんか真剣に考えて。
皆さん、まともな政治家に清き1票を!新聞読もう!ニュースを見よう、
週刊誌を読もう、人の話を聞こう、自分で分析・解析しよう。そして判断しよう!
で、ゴアさんが映画の製作に携わったのがこの映画『不都合な真実』です。
便利さを求めた見返りがいま、私たちに大きな問題を投げかけてます。
美味しいものを食べて、ブランド物を買って、携帯電話でオシャベリして
ファッションを気にしながら最新の服を買い、
自分さえよければ後は知らない、楽しければいいっていう時代が終わり
すべての快楽や欲求を求められない時代が本当に目の前に来てます。
美味しいコーヒーも飲めなくなります、ケーキを食べれなくなります。
みんなのあらゆる欲は遮断されますよ。
234x601_2




では、今、私たちができることとは?
その10の事
 ←答えはここ

来週の16日火曜に筑紫さんの番組ニュース23に
ゴアさんが出演します。是非、みてください。

| | コメント (3)

2007/01/11

お野菜ディナー

ナテュレは今年からお野菜ディナーをはじめてます。
事前に予約を(2~3日前)いただいた方のみの限定ディナーです。
食前ドリンクから食後のデザートまですべてお野菜とくだものだけで
作ったデザートです。
あえて料理の写真ではなく おしながき の写真にしました。
ある意味料理は作る人、食べる人のかけひきもあり、
フレンチもイタリアンも中華も世界の一流料理に写真や
料理のサンプルはありません。(メニューはすべて文字のみ)
文字から伝わる創造力と想像力と空想力でも料理は味わい感じるもの
ではないでしょうか。食べる前の味覚も大切。
そこにはホストとゲストのコミュニケーションの世界も繰り広げられます。
写真や料理のサンプルがあればある意味コミュニケーションも絶たれる
ケースもあるでしょう。
海外のレストランやカフェでは注文するときに、ゲストとホストの会話が
楽しく交わされ、そこから静かに始まる食のセレモニーが開幕します。
そんな食文化も大切にしたいです。
例え身近なカフェでも心意気は一流でありたいものです。
Vegmenu

| | コメント (2)

ラーメンや

時々、仕事帰りにスタッフと行くラーメン屋 『中村』 です。
場所: このあたりです。 探してみてね 
ここの塩ラーメンは別名モンゴリアンラーメン。
この秘密はお店で大将に聞いてください。
最後の一滴まで飲みほしてしまうスープは最高!
いつ行っても満席なんですよ。
売り切れゴメンのお店です。
Nec_0204_1


















photo by UZ

| | コメント (0)

2007/01/10

国家の品格

今日は『国家の品格』の著者・藤原正彦先生の講演会に
行ってきました。
いつも利用している愛媛銀行さんの主催でありました。
親切にも窓口の女性行員さんが
「当日は込みますから早めに行ったほうがいいですよ」
忠告どおり、会場は超満員でした。   ご忠告ありがとう!
スーツ姿の社長さんらしき方々が数千人近くいました。
Gパンにダウンジャケットの姿はどうやら私だけだったみたいで・・・。
ちょっと恥ずかしい気持ちで会場に入りました。
講演で印象に残ったのは:
今の日本は規制緩和と言ってどんどん改革を進めています。
まず、改革と改善は違い、規制とは本来は弱者を守るためのものが
規制緩和することにより弱者をどんどんいじめている事になっているのが
日本の現状である。
私自身も規制緩和は良いことだと思っていましたが、先生の話を聞いて
なるほどなぁと感じた。(詳しくかけなくてスミマセン)
「規制とは本来弱者を守るためにある」
「国民は改革とか規制緩和と言えば我々を守ってくれるものだと勘違いしている」
と言ってました(もちろん例外はあるし、必要なものはしなければならないが
なんでもかんでもってものではない。と言うこと。
次に、「自由と平等」とはありえない事であり欧米社会が作ったフィクションである。
アメリカは230年間も自由と平等を言い続けてきたがいまだに達成できていない。
例えば、小学生1年生と6年生が喧嘩をすれば必ず6年生が勝つ。
この時点で平等とはありえない。しかし、規制する事により6年生にハンディーを
与えて1年生と喧嘩をさせればどちらが勝つかわからない。
これが本来の平等である。
しかし、現実社会は町の商売人も大企業も同じルールで争うと大企業が
勝つに決まっている、そこで規制が必要となってくる。
しかし、規制緩和(平等を廃止)すると弱者はますます弱者になり、
勝つものはどんどん勝ち続けるというのが今の欧米社会と
今後、日本が目指している国策である。
そんな弱者を守れない規制緩和はするべきではないとも言ってました。
あと、国際人について:
本当の国際人とは英語を話せることでもなく、ナイフとフォークの使い方を知って
いるのでもなく、外国に行った回数でもない。
国際人とは人間として信頼できるかどうかであり、道徳心があるかと言うこと
だそうです。
これは英国紳士のジェントルマンシップと武士道が非常によくにている
考え方だそうです。
外国語は表現する手段のひとつであり、会話で重要なのは内容で
ある。その内容を整えるのが国語力(母国語)と道徳心であるから小学校の
ころから徹底的に国語を勉強してほしいと言ってました。
 昔の武士たちは英語は話せなくレディーファーストも知らなかったが、
ヨーロッパでは大変深い信頼関係を保ち国際人として活躍したそうです。
武士は惻隠の情を心得、お金持ちであろうと貧乏人であっても
人に対する尊敬の心を常に持っていたそうです。
だからこそ子供のころから国語力と道徳を最優先して学ばせる事が必要。
6歳~9歳までの間に 「卑怯と惻隠」を徹底的に叩き込み、
人間の本来のあり方を学ばせたらいいと言ってました。
また、日本人が本来持っている(持っていた)論理・合理・理性を
大切にし美的感受性を磨き、田園や田畑の美しさを養う必要がある。
知能指数よりも美的感受性が大切であり、本来、日本人は美的感受性高い
民族であったが今はそれが失われかけている(失っている)。
しかし、今回の講演でも思いましたが、たいてい立派な方は必ず
ユーモアのセンスも忘れていませんね。
先生の時折話すジョークのセンスも抜群で会場は爆笑でした。

この講演のことは私のお仲間の『たまちゃんふぁーむ』の村長も
書いてます。見てください。


今日は大変多くのことを学ばせていただきました。
Fuji01

| | コメント (2)

2007/01/09

おめでたいこと

今年はナテュレにおめでたいことが立て続けにあります。
スタッフの一人がご婚約&ご結婚、もう一人がご出産です。
2007年がみなさにとっても幸ある年でありますように。
スタッフの結納写真を拝借しました。
Dsc00494

| | コメント (0)

2007/01/08

今週のランチ 1/15 まで

コトコト煮込みハンバーグランチ

自家製デミグラスソースの煮込みハンバーグ
ブロッコリーのグリーンサラダ
オニオンスープ
古代米ごはん
自家製日替りデザート
Nikomi

| | コメント (0)

2007/01/07

カップラーメン

安藤百福さん(あんどうももふく)。
世界初の即席ラーメンを作った方です。
偉大な人は名前も偉大なんだなぁとあらためて感じました。
今では当たり前になっているカップ麺。
今日の日経の【春秋】にも書いてましたが、
安藤さんが残していった手軽さ(カップ麺)の意味は
常用食ではなく、時おり食する爽やかな「ペンペン草」
であってほしい。
と書いてました。
しかし、現実は若者を中心にカップ麺が常用食となっています。
食育とかスローフードとか、ロハス的な生き方が問われる現代社会。
親が食事を作らなくなり、家庭での会話も減り、コンビニやインスタントもので
食事をすます傾向が増えているし、ますます増えつづけるでしょう。
先代が残していったカップ麺の本当の意味を知り、
食の文化を守りながら健康に生きていければいいです。
正月早々に物騒な事件が増えています。
食の影響も多少あるのではないでしょうか・・・・。

大先輩のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2007/01/06

メッセージ

今日はお客様が食べ終わったデザートのお皿に
こんな素敵で粋なメッセージを残してくれていました。
残ったチョコレートのソースで文字を書いてくれたようです。
こんなメッセージをみると疲れているカラダもリラックスな気分になります。
ありがとうございました。

”Na tu rel  good ♪ また来ますね ”
070106_144001

| | コメント (2)

2007/01/04

正月グルメ

今日から仕事の人も、まだお休みの人もお正月は胃袋がお疲れでは
ないですか?
ナテュレは4日からは通常営業です。
2日3日と忙しく、沢山のお客様に来ていただきました。
スタッフも私も食事を摂る暇もなくお正月が過ぎていきました。
昨夜は早く帰れたので久しぶりに自宅でゆっくり食事しました。
で、夜食シリーズではないですが、第3弾として今夜の夕食のご紹介。
3日の夜はカレーにシャキシャキ野菜(キャベツ、人参、キュウリ)の千切りを
のっけて、ついでに大好きなジャコものっけての
オリジナルカレー ”サラダdeカレー” です。
食べ方は豪快に混ぜる(ビビンバのように)。
これが、シャキシャキの野菜とカレーで煮込んだ野菜とが口の中で
コラボレーションして、なんともいえない甘みと辛さで大変食べすくなります。
こんどナテュレのメニューにしたいくらいです。
みなさんも是非、おうちでトライしてみてください。
本当に美味しいですよ。
しかも、ジャコも入って栄養のバランスもバッチリなんですよね。
おせち料理もいいけどカレーもね” なんて古いコマーシャルでした。
※これ↓2杯目なんです・・・・今年も腹がでるなぁ・・・変身!メタボマン
Jan04

| | コメント (0)

2007/01/03

新年 

明けましておめでとうございます。
1月2日から営業をしております。
今年もよろしくお願いいたします。
2日 午後6時まで
3日 午後6時まで の営業
4日 通常通りの営業です。
なお、1月21日~3月20日までの間は
毎週水曜日が定休日になりますので
ご了承ください。3月20日までです。
お間違いないようにお願いします。
 
3月20日以降は通常通り、ほぼ 年 中 無 休 です。

本日はナテュレも大変混み合いご迷惑をおかけしました。
お正月のお買い物で商店街や百貨店には沢山の人出でした。
私も商店街の関係のお仕事もさせていただいており、
時折は商店街のイベントにも顔を出しております。
今日は東温高校の生徒さんたちにより獅子舞などがありました。
その前には五穀豊作祈願のような踊りが披露されました。
日本古来の踊りやお祭りはほとんどが農作物などの豊作を祈願した
ものだと言われております。
しかし、だんだんとこんな光景が町から姿を消すのは非常に危険な
時代がきているとも言えるでしょうね。
私たちは食べ物を食べないと死んでしまいます。
また、日本は先進国では食料自給率が最低なのです。それは、こんな文化が
失われ、興味も薄れ、近代文明やファッション、ブランド、ファーストフード、
などへの生活変化の現われなのでしょう。
本当にどんな意味があるかわかりませんが
踊りをみていただけで、五穀豊作、子供の成長、神々(畑や山や海や大地)への
感謝を表していると率直に感じました。
そんな事を考えて撮影しました。
A2007

| | コメント (0)

2007/01/01

2007

2007ss

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »