« 餅まき | トップページ | コーヒーフェア »

2007/10/22

いのちの食べかた

最近は『不都合の真実』という地球温暖化の映画が話題になり、
アル・ゴア監督はノーベル賞も受賞しました。
映画のヒットに終わらず、人々の心に残り、これから真剣に
人類が考えなければならない課題です。

さて、今回紹介する映画は『不都合の真実』が地球環境なら
食べ物の環境の映画です。
『いのちの食べかた』 食の安全や地産地消といわれたり、
農薬問題や、狂牛病問題など、多くの問題が完結したわけではありません。
まだまだ、私たちには知らないことが山のようにある食の世界でもあります。
この映画は衝撃的かつセンセーショナルな映画になるでしょう。
セリフもナレーションもなく、たんたんと映像だけが流れていきますが、
でも、見ている人にはすごいインパクとがあり、わかりやすい映画。
真実は言葉も説明も派手なCGも演出もいらないと実感させられます。
でも、この手の映画は決してロードショー映画館では上映されないの
ですよね。なぜだか・・・・。 こんな映画こそみんなが知らないといけない
映画なんですが。 
食育って本当はこの映画のような事が基本かもしれない。
     学校でも教えてくれない、テレビでも見られない
  食べ物があなたの食卓に並ぶまでの、驚くべき旅。

恐ろしくもあり、真実で、避けられないテーマでもある映画。
おすすめです。 http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
Movie

|

« 餅まき | トップページ | コーヒーフェア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 餅まき | トップページ | コーヒーフェア »