« モザンビーク | トップページ | ・・・・・ »

2009/06/22

コダクローム

さようならコダクローム。
コダクローム・エクタクローム
フジクローム

ついにアメリカのコダック社はコダクロームの販売を
完全に廃止しました。
ほんの数十年前までは絶対になくならないとまで言われてた 
写真用フィルム コダクローム

これも時代の象徴ですね。
デジタル市場でついにフィルムは廃止になる流れです。

中学時代からカメラと映画のとりこになり。
カメラとフィルムを買うためにアルバイトをはじめました。
当時は禁止(今もかな?)中学生から新聞配達をし、
朝刊をくばり終えると学校に行き、
授業中は居眠り、成績は後ろから数えた方が早いくらい
学校が終わると夕刊を配り、
配達が終わると写真を撮ったり、友人のお父さんから借りた
8mmカメラで映画を撮影。
当時はコダクロームやエクタクロームが1800円くらいだったか?
時給が350円くらいかな?
3分間のストーリーを考えて絵コンテ書いて、
友人集めて撮影大会。
お金がないから、バイト代が入るまで現像ができない。
現像に出しても1~2週間近くかかるので、それまでガマン。

編集もしたくなったので、編集機を買うために、うどん屋とか
お中元の集配所でバイトをし、とにかく勉強よりも
映画と写真が撮りたいのでアルバイトばかり。
1日も休まずに行ったから新聞社から皆勤賞のご褒美に
広島に連れて行ってもらいました。(うれしかったなぁ)
新聞少年の日 ってあるんですよ。知ってますか?
日本新聞協会(全国の新聞、通信、放送各社が1946【昭和21】年7月に創立した社団法人で、現在の会員数は、新聞109、通信4、放送32【ラジオ単営4、テレビ単営22、ラ・テ兼営6】)の計145社が加盟)、1962(昭和37)年から新聞配達の人々への感謝を込めて新聞週間内の日曜日を「新聞少年の日」(1991【平成3】年から「新聞配達の日」)と定めている。

フィルムは:
 
写真の場合は1本が36枚 うまく巻けば37枚か38枚撮影できる。
8mm映画の場合は約3分
1秒12コマだと3分半 24コマだと3分弱
もちろんお金がなかったから、1秒12コマで撮影
12コマだとぎこちない映像になる、でも、それでも満足だったし
がんばった。
あー、なつかしい、書きながら涙だが出てきたわ・・・・;;;;;

そして高校3年生の時には 欽ちゃん(萩本さん)の番組
日本テレビの映像コンテストで優秀賞をいただきました。
(これが私の人生のピークだったのかな?)
この映画は今でも大切に残してます。
使ったフィルムはコダクロームとエクタクロームそして
フジクロームを使って編集した映画でした。

デジタルに変換して、こんどyoutubeにでも投函しようかな?

さようなら 僕のコダクローム

※歌手ポール・サイモンの歌(邦題「僕のコダクローム」)では、
  「コダクロームは夏の緑を再現してくれる」と歌われた。 

Kd

|

« モザンビーク | トップページ | ・・・・・ »

コメント

是非アップしてくださいっ見てみたいです!

投稿: 上田 | 2009/07/18 00:59

上田さん
書き込みありがとうございます。
youtubeのアップしたことないので、
調べてがんばってみます。
たのしみに・・・

投稿: ナテュレ | 2009/07/19 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モザンビーク | トップページ | ・・・・・ »